TOP
37.98score

studyman

ついに見てしまった。

私は、見てしまった。
サンタさんの正体を。
あれは、小学2年の夜であった。
たまたま、トイレに行きたくなり起きた。
目をこすりながらゆっくり起きると枕元に知っている顔が立っていた。
私は、この時に察した。やはり、サンタはいない。
でも、サンタの存在を信じたくて翌朝、親に夜中のことを聞いた。
そうしたら、「確かに、私がサンタです。」と言われた。
この時に、私のサンタに対する信仰心はなくなってしまった。
良くも悪くも現実を知った日であった。

クリスマスを彩るブランドアイテムや、お役立ちコスメはこちらから。 [PR]

.

最終更新日:2015-03-31 11:26

シェア本文内に広告が入る場合があります。不要な場合は削除して下さい。

コメント (0)